ライフスタイル

家事を時短する10の方法【家事を頑張り過ぎていませんか?】

家事って終わりのない仕事ですよね。

のも
のも

疲れて何もやりたくない日も…

片付けたと思ったら散らかり、掃除したと思ったらもうゴミが落ちていたり。料理も凝ったものを作ろうとすると何時間もかかります。

真面目な人程、家事を頑張り過ぎてしまったり、できない事で自分を責めてしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は「家事を頑張らない」ことをオススメする記事です。

1日の家事にかかる時間ってどれくらい?

平成28年に「総務省」が行った「生活時間に関する調査」によると、家事関連に1日あたり要している時間は男女別で下記になります。

女性:平均3時間28分

男性:平均44分

のも
のも

女性の方が圧倒的に多いですね。しかし僅かですが男女差は縮まってきているようです。

この結果をみると女性は1日3時間半もの時間を家事に費やしている事になります。

家事を時短する10の方法

完璧を目指さない

少しくらい床にゴミが落ちててもOK!です。

生活に困らない程度にサボるようにします。料理も掃除もほどほどで良いのです。

汚れが多い場所に掃除用具を置いておく

汚れやすいキッチンや洗面所周りに掃除機やコロコロを置いておきます。

ドライヤーを使ったらコロコロとするだけで10秒で終わります。

水回りはまとめて週末に掃除する

水回りの掃除は時間がかかるのでまとめて週末に行うようにします。

平日、お風呂などは水切りで簡単に水を切っておくと、水垢もつきにくいです。

料理はメニューを定番化する

毎日、献立を考える時間も家事の1つです。

いくつかの定番の献立を決めておき、ルーチン化する事で時短になります。

平日はシンプルな献立で十分ではないでしょうか。

キッチンでの時短は下記の記事でも解説していますのであわせて読んでみて下さい^^

料理の下ごしらえはまとめる

痛みにくい野菜類、サラダに使うレタスなどは数日分まとめて切ります。

ちなみに我が家ではお肉を切るのも面倒なので、買ったサイズをそのまま調理し各自で食べる時にナイフを使ってカットします。

週末の作り置きはしない

週末の作り置きをしていた事もありましたが、休日の時間がとられてしまう事とメニューを考えるのが大変でやめました。

外食や惣菜に頼るのも良しとする

疲れた日や忙しい時は無理に料理をせずに外食や惣菜に頼っても良しとしましょう。

スーパーの惣菜でもサラダや焼き鳥、お寿司などを選べば栄養もしっかり摂れますし、意外とカット野菜のサラダは安いです。

洗濯物は室内干し

外に干すのは手間です。竿を拭いてベランダと室内を行ったり来たりは大変です。

室内に洗濯物を干すスペースを確保します。

洗濯物は畳まない

洗濯物は畳む必要のないものは時間をかけて畳まなくても良いのではないでしょうか。タオル類は洗濯バサミから取ったらそのまま、まとめてタオル入れに入れます。

服も洗濯後にハンガーにかけて干してそのままです。

のも
のも

気にならない方であれば、室内干しする場所と服の保管場所を近くにすると楽です。ちなみに我が家はすぐ横です。

家族で家事を「自分ごと」にする

家族でみんなで家事を行いましょう。

家事を手伝ってもらう」ではなく「自分の仕事」として認識してもらうことが大切です。

手伝ってもらうだと、その都度「〇〇をお願い」と声をかけないといけません。

声をかけるより、自分でやってしまう方が早いので結局負担は減りません。

家族で話し合い、作業をシンプルにする事で「家族みんなで家事をしましょう

まとめ

今回は「家事を頑張らない」家事を時短する10の方法をご紹介しました。

家事は女性だけの仕事ではありません。

最近は家事を積極的に行ってくれる男性も増えていると思います。

完璧を目指さず家族みんなで家事を行いましょう!

のも
のも

家事の時間を短くして、家族団欒や自分の時間を大事にしたいですね!

最後まで記事をお読み頂き、ありがとうございます。参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
NOMO
はじめまして。blogの管理人のNOMOです。 埼玉県出身、夫婦2人暮らし、フルタイムで病院に勤務しています。