健康

【体験談】「パレオダイエットの教科書」の内容を実践して変化したこと

スリムな体型になりたい。誰もが願う事です。

でも過剰な食事制限をして痩せてもリバウンドしてしまっては意味がありません。

今回は10年以上、ダイエットとリバウンドを繰り返してきた私が出会って変わった本「パレオダイエットの教科書」のご紹介と本の内容を実践した変化を解説していきます。

のも
のも

どうも。万年ダイエッターです。

パレオダイエットの教科書とは?

パレオダイエットの教科書」とは人気ブログの「パレオな男」を運営されている鈴木裕さんの著書です。

本を読むことで「どうして人は太ってしまうのか。」「狩猟採集民のライフスタイルから学べること」「正しい食事、運動、睡眠の方法」についてなど学ぶことが出来ます。

この本を読んで、それまで短期的に食事制限をして体重を落とそうとしていた自分のダイエット方法が間違っていた事に気づきました。

本を読んで実践したこと

本の内容を完璧に実践することは難しいものの、Kindle版を購入していつでも復習出来るようにしています。

食事

食事の量ではなく、内容に気をつけるようになりました。

加工品を完全に摂取しないのは難しいですが、極力減らしています。

・プチ断食を取り入れた。

・野菜をたくさん食べるようにした。

・タンパク質(肉、魚、卵)も必要量を取るようにした。

・加工品(ケーキやポテトチップス、ハムなど)を減らした。

・甘いジュースをやめた。

運動

毎日、少しでも運動するように心がけています。

時間があればウォーキングをしたりジムに行って汗を流します。

時間がない日はスクワットだけでも良いと決めて毎日の運動を継続しています。

睡眠

元々、睡眠時間は確保できており、7〜8時間は寝ていました。


寝る前のPCやスマートフォンだけ気をつけようと心がけていますが難しいことが多いです。日中の眠気はあまり感じません。

「パレオダイエットの教科書」を実践した変化


食欲がコントロールできるようになった

本の内容に習い、加工品を控えて自然に近い形のものを摂るようにしたところ、衝動的な「食べたい」という欲求が少しずつなくなりました。

体に悪いものを自然と摂取しなくなった

ラーメンや揚げ物、加工品など付き合いで少しは食べることもありますが、食べなくても平気という状態になりました。

素材本来の美味しさを感じれるようにも変化しました。

過度な食事制限をしなくなった

1ヶ月糖質を全く摂らない、1日の摂取カロリーを1000kcal以下にするなどの過度な食事制限を行っていたことがありました。

正しい食事方法を学んでからは極端な食事制限をしなくなりました。

ダイエット効果があった

「パレオダイエットの教科書」の中ではプチ断食がオススメされています。

プチ断食を生活に取り入れたところ、少しずつですが体重が減少しています。

また上記の食欲がコントロールできたり、体に悪い食品を摂らなくなったこともダイエット効果につながっていると思います。

疲れにくくなった

現在では、1日勤務を終えた後も活動する元気があります。

以前は夕方にはぐったりしてしまい、運動をする、本を読むなどの活動は行えませんでした。

肌質が改善した

以前は荒れた食生活のせいで顎やおでこに吹き出物ができていました。

食事の内容を変えてからは、まれに吹き出物ができる程度です。

また化粧のノリも良くなりました。

精神が安定した

「食べないように我慢する」「食べたことに罪悪感を感じる」ことで情緒が不安定になり、急に悲しくなる、イライラするといったことがありました。

今では食事をする事への罪悪感は薄れており、気分も安定しています。

集中力がついた

何も考えずにできる単純作業は進むものの、集中力を必要とする作業を行うことが苦手でした。

今では、ブログを書くこともできるようになり毎日安定したペースで継続が出来ています。1年前の自分には難しかったと思います。

まとめ

鈴木裕さんの著書「パレオダイエットの教科書」を読み、変化したことをご紹介しました。

本の内容を実践した事で体だけではなく心も健康になり、新しい事にチャレンジすることへ繋がったと考えています。

のも
のも

ダイエット効果以外に、メンタル面の変化を大きく感じました!

最後まで記事をお読み頂き、ありがとうございます。参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
NOMO
はじめまして。blogの管理人のNOMOです。 埼玉県出身、夫婦2人暮らし、フルタイムで病院に勤務しています。