健康

グルテンフリーの効果とは?【1ヶ月挑戦してみた体験談】

こんにちは。

「グルテンフリー」って最近よく聞くけど健康に良いという話って本当なの?と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

私も数年前にテニス選手のジョコビッチさんの本を読んで「グルテンフリー」に挑戦したことがあります。

この記事では当時の体験談をご紹介します。

のも
のも

当時は調味料などに含まれているグルテンにも注意して厳密な「グルテンフリー」を行なっていました!

グルテンフリーの効果とは?

グルテンって何?

グルテン」とは、小麦や大麦、ライ麦やオーツ麦などの穀物に含まれるタンパク質のことです。

小麦粉製品のもちもちを生み出すのがグルテンです。

グルテンは過度に摂取すると中毒症状を引き起こすことがあり、血糖値の上昇、腸内トラブルの原因になる成分とされています。

グルテンフリーとは?

グルテンフリー」とは、グルテンを摂取しない食事のことです。テニス選手のノバク・ジョコビッチさんが実践したことから注目されるようになりました。

元々は「セアリック病」(グルテンに対する反応が引き金で起こる自己免疫疾患)に対する食事療法です。

近年、セアリック病のような自己免疫疾患でなくても「グルテン」に腸が過剰に反応してしまう人が増えており、「グルテンフリー」が話題になりました。

グルテンフリーの効果

グルテンフリーで得られる効果は以下の項目があるとされています。

・中毒症状の軽減

・腸内環境の改善

・アンチエイジング効果

・ダイエット効果

・睡眠の質の向上

「グルテン」過敏症の方は特に効果を感じられるようです。

一方、「グルテン」が体に負担にならない人もいるようなので、効果としては個人差がありそうです。

グルテンフリーに挑戦した体験談

グルテンフリーに挑戦したきっかけ

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」や「小麦は食べるな」を読んで、「グルテン」が体に悪影響を及ぼすことがあると知り、ダイエットと体質改善を目的に挑戦しました。

グルテンフリー生活で避けた食品

数年前に期間は1ヶ月程、完全なグルテンフリーに挑戦しました。

主に食べない食品は以下になります。

主に小麦粉などの穀物を使った食品(パン、パスタ、ラーメン、うどん、ケーキ、クッキー、シリアルなど)

他にも、カレーのルー(市販のもの)、醤油や味噌などの調味料にもグルテン含まれているので、グルテンフリーの調味料を探して購入しました。

グルテンフリー生活をして感じたこと

完全にグルテンフリー生活をした1ヶ月間では事前の情報のような「肌質が良くなった」「体重が減った」「集中力がアップした」などの目立った改善は感じませんでした。

しかし、グルテンフリー生活を送る事で良かったこともあります。

グルテンフリー生活で良かった点

・栄養についての知識がついた

・食品の表示を見るようになった

・健康的な食品を選べるようになった

小麦粉を使った製品は油や砂糖がたっぷり入っている高カロリーなものが多く、「グルテンフリー」をすることで自然と高カロリーな食事をしなくなりました。

また「グルテン」が入っているか確認するために食品表示を見る癖がついたことで健康的な製品を選べるようになったと感じました。

一方でデメリットもあります。

グルテンフリー生活で辛かった点

・好きな食べ物が食べられなくなり、ストレスを感じる

・社会生活を送る中で「グルテン」摂取が避けられない事がある

パン好き、パスタ好きには完全にグルテンを避けるのはストレスになるかもしれません。

グルテンフリーのパスタも販売されていますが、外食の時など辛いです。

また、私の場合「グルテンフリー」生活が終わったのは会社で頂き物の、クッキーを食べた時でした。

袋に入っているタイプのクッキーではなかった為、その場で皆で食べようという状況で断ることができずに食べました。

現在の食生活について

今では厳密な「グルテンフリー」は行なっていませんが、基本的に主食はお米にしています。

積極的に小麦粉製品は摂らないものの、極端に避けてもいない状態です。

ゆるグルテンフリーが私には合っていると思っています。

アレルギー検査とは?【グルテンが体に合っているか心配な人へ】

グルテン食品をとって良いのか心配な方は「アレルギー検査」をオススメします。

私自身も検査を受けたことで安心し、ゆるグルテンフリー生活に落ち着きました。

下記が検査結果になります。

右にグラフが伸びているとアレルギー反応が高くなります。

私の結果は・・・全然反応してない!!

ということで、本を読んだことによる思い込みでした。

アレルギー検査の際、私は「アンブロシア」の検査キットを使いました。

「スタンダード・フード・パネル(日本)」は日本人向けの108項目を検査できます。

検査キットに同封されている採血セットで検体をとり(指先に細い針を刺すので痛くなかったです)、郵送して2〜3週後に結果が送付されるという流れです。

決して安くない検査料金ですが、反応が低いことで安心できました^^

まとめ

「グルテンフリー」生活で感じた効果と体験談をご紹介しました。

グルテンフリー生活で感じたこと

・栄養についての知識がつき、健康的な食品を選ぶようになった

・社会生活を送る上でグルテンを避けられない状況があった

・グルテンに対する反応は個人差が大きいので、心配な方には「アレルギー検査」がオススメです。

グルテンフリー生活をしたことで無理なく、自分に合った「グルテン」との付き合い方を見つけることができました。

のも
のも

パンもパスタも好きなので、月に2、3回程度は食べても良いことにしています!

最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
NOMO
はじめまして。blogの管理人のNOMOです。 埼玉県出身、夫婦2人暮らし、フルタイムで病院に勤務しています。