健康

【女性の味方!】コレステロールの嬉しい働きと摂取量について

こんにちは!NOMOです。

コレスロールについて皆様はどのようなイメージがあるでしょか。

「コレステロール値が高い」と聞くとあまり良いイメージはありません。

しかし、コレステロールは必ずにも悪者ではなく、私達の体の中で重要な役割を果たしてくれています。

のも
のも

コレステロールの働きで様々な恩恵を受けています!

この記事でわかること

・コレステロールの種類

・コレステロールの働き

・コレステロールの摂取量は?

・LDLコレステロールが高くなる原因と対策

コレステロールとは?

コレステロールとは脂質の1つで体の細胞膜や性ホルモンの材料になる大切な栄養成分です。

しかし、摂りすぎると生活習慣病を招くことがあり、コレステロールが悪者扱いされる原因です。

2種類のコレステロール

コレステロールには2種類あり、それぞれ役割が異なります。

どちらも必要な栄養ですが、生活習慣の乱れでLDLコレステロール値が高くなってしまい、バランスが悪くなってしまうことで不調が起きます。

HDL(善玉)コレステロール

血管の余分なコレステロールを肝臓に運び、動脈硬化を予防します。

LDL(悪玉)コレステロール

肝臓から血管や組織にコレステロールを運ぶ働きしています。

この悪玉コレステロールが増え過ぎると血管壁にコレステロールが沈着、酸化することで動脈硬化を引き起こします。

コレステロールはこんな働きをしている

性ホルモンの材料となる

コレステロールは性ホルモンの材料となります。

コレステロールが不足していると性ホルモンの分泌が減少してしまう恐れがあります。

ストレスホルモンの材料となる

性ホルモンだけではなく、ストレスホルモンの材料にもなります。

ストレスを多く受けると、その分コレステロールが使われてしまうので、コレステロールの不足が起こります。

脳内の神経伝達をスムーズにしている

コレステロールは細胞膜の構成成分でもあります。

不足が起こると脳の神経伝達がすばやくできなくなり、「うつ」症状の要因になります。

栄養吸収の手助けをする

脂質やビタミンの吸収を手助けしてくれます。

適切なコレステロール値を知ろう

コレステロールの基準値は?

血液検査でコレステロール値を知ることができます。

LDLコレステロール値140ml/dL以上、HDLコレステロール血が40ml/dL未満になると脂質異常を疑われます。

上記の基準値を超えないようにしましょう。

1日の摂取量の目安はあるの?

2015年2月にアメリカ農務省と保健福祉省から,食事でのコレステロール摂取制限は必要ないとの発表があり、また、日本でも厚生労働省による「日本人の食事摂取基準2015年版」ではコレステロール摂取の上限値がなくなりました。

日本動脈硬化学会 公式HPより

以前は「1日卵は1個まで」と言われてきましたが、現在ではコレステロール摂取量の目安は定められていません。

LDLコレステロール値が高い人についてはこれまでどおり、食事でのコレステロール摂取制限が必要であり、同時に飽和脂肪酸についても必要です

日本動脈硬化学会 公式HPより

一方でLDLコレステロール値の高い人は脂質の多い食事は控えた方が良いようです。

コレステロールは体内で調整される

コレステロールの80%は肝臓で作られており、食事で摂取するのは20%程度です。

しかも、肝臓にはコレステロールを調整する役割があり、食事からの摂取量が多いと肝臓での合成量を減らします。

通常であれば、コレステロールが高くなりすぎることはないのです。

LDLコレステロール値が上昇してしまうのは?

原因は?

体の中で重要な役割があり、その数値もコントロールされているはずなのにLDLコレステロール値が高くなってしまうのはなぜでしょうか?

原因は以下の生活習慣にあります。

  • 喫煙
  • 運動不足
  • 過剰な飲酒
  • ストレス
  • 脂質の極端多い食事

対策方法は?

コレステロールの酸化を防ぐ事が効果的です。

禁煙をし、適度な運動をします。またストレスも適度に発散するように心がけましょう。

食事ではビタミンC(レモンやキウイ、ピーマンなど)やビタミンE(ナッツ、アボガドなど)などの抗酸化作用のある食品を摂取すると良いようです。

またコレステロールはタンパク質でコーティングされて血液中を移動します。コレステロールの運搬をスムーズにするためにもタンパク質が重要になります。

タンパク質の効果的な摂取方法は以下の記事をご参照下さい。

まとめ

コレステロールの種類や働き、摂取量についてご紹介しました。

この記事のまとめ

・コレステロールはホルモンの材料になったり、うつ症状を予防する大切な栄養素です。

・コレステロール値が基準値の範囲内の方であれば、コレステロールを気にせずに卵や肉、魚を摂取しましょう!(LDLコレステロール値が高い人は脂質を控えた食事が望ましいです)

・LDLコレステロール値が高い人は生活習慣を見直しましょう!

のも
のも

ファストフードや揚げ物などの酸化した油の摂りすぎは禁物です!なるべく自然な形に近い良質な脂質を摂りましょう!

最後まで記事をお読み頂き、ありがとうございます。参考になれば幸いです。

ABOUT ME
NOMO
はじめまして。blogの管理人のNOMOです。 埼玉県出身、夫婦2人暮らし、フルタイムで病院に勤務しています。