ライフスタイル

【光熱費が安い!】ZEH(ゼロエネルギー住宅)を建てて2年住んだ感想

こんにちは😊NOMOです✨

今日は、ZEH(ゼルエネルギー住宅)を建てて2年ほど経ちましたので、住み心地などご紹介したいと思います。

のも
のも

光熱費を抑えられて、売電の収入を得ることができました!

断熱性が高く、家の中は快適に過ごせます!

ZEH(ゼロエネルギー住宅)って何?

ZEHとは、住宅の「省エネルギー」に加えて「創エネルギー」を導入し、エネルギーの消費量の収支をゼロにすることを目指す住宅のことです。つまり、自給自足を目指す家といえます。

また、高断熱のため夏も冬も冷暖房をつけなくても快適に過ごせ、晴れた日には電力を電力会社に売ることができる為、「創エネルギー」により黒字を目指すこともできます。

環境問題により、住宅の省エネルギー化は重要課題となっています。

政府の目標としては2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることを掲げています。

その為、政府はZEHの仕様を導入しやすいように補助金を交付しています。

ZEH住宅で必要な設備

ハウスメーカーによっても、ZEHの基準を満たすために導入する設備はやや異なると思います。

我が家はポラスにお願いした為、以下の設備になりました。

太陽光発電のパネルを乗せるため、屋根の形は斜めにする必要がありました。その為、リビングの天井斜めとなり一番高い場所で3m以上あります。

HEMSで発電量などを確認できます。引越してすぐはよく見ていたのですが、最近はいじっていません笑

樹脂サッシの為、結露に悩まされず快適です^^

ZEH住宅のメリット

家を建てるときに補助金が受けられた

家を建てたのが約2年前でしたが、当時は130万円の補助金を国から受け取ることが出来ました。

現在は補助金の額や基準値は変わっているかもしれませんが、補助金制度は続いているようです。

補助金を受けたい場合は、ハウスメーカーの方に相談すると対応して下さいます。

月々の光熱費が下がった

省エネルギー住宅なので、電気代やガス代がアパートに住んでいた時と比べてかなり安くなりました。

ハイブリット給湯器のエコワンはガスと電気のハイブリット給湯器で、ガスと電気、時間帯によってお得な方を使い分ける機能があります。

2018年の光熱費(水道料金込み)の合計は12万程だったので、1カ月1万円程度で済んでいます。

アパートに住んでいた時は年間13万円ほどだったので、部屋が広くなった事を考えるとお安くなったと思います。(特に節約はせずに、暑かったら冷房をつけます。寒がりなので冬は暖房+こたつが多いです。)

売電の利益がある

季節と天候にもよりますが、売電で月数千円〜数万円の収入があります。

2018年の売電での収入は17万5千円でした。

光熱費と比較すると、約4万5千円の黒字になります。

冷暖房が効きやすい

機密性が高い為、冷暖房をつけると短時間で温度の調節ができます。

また、冷暖房を切ってもしばらく涼しい、暖かいという状態が続きます。

外の気温の影響を受けにくい

熱交換型換気システムにより外気が室温に近い温度なって入ってくるので、暑いや寒いはあるのですが、アパートに暮らしていた時と比べて、外気の影響は受けにくいと感じています。

ZEH住宅のデメリット

初期費用がかかる

設備を整える必要があるので、初期費用がかかり通常の住宅よりも割高です。

ただ、ハウスメーカーの営業の方の話では、補助金と売電を考えると10年くらいで元が取れるということでした。気長に売電したいと思います^^

また、高性能な冷暖房をつける必要があり、その費用もかかりました。(冷暖房はかなり機能が高いのか、2階でつけてドアを開けておくと1階まで冷えます。)

空間の自由(ドアや窓の面積など)が効かないこともある

ZEHの基準値をクリアした断熱性能を備えないといけないので、窓の面積を小さくしたり、ドア設けたりする必要がありました。(ハウスメーカーによっては設備の性能をあげて自由が効く事もあるようです。)

必ずしも、補助金の審査に通るとは限らない

ハウスメーカーの方が審査に必要な書類を揃えて下さったり、ZEHの基準値をクリアする為、断熱性能などの計算をして下さり、国からの補助金を受け取る事は出来ましたが、当時は県の補助金もあり(50万程度)、そちらは審査を落ちてしまいました。

高い設備を払い、太陽光発電も審査対策で増やしていた為、県の補助金が頂けなかったのはショックでした😢

まとめ

ZEH(ゼロエネルギー住宅)を建てて2年経過した感想をご紹介しました。

メリットは光熱費が安く、売電の利益がある。外気の影響を受けにくく、快適に暮らせる。

デメリットは初期費用などがかかる、空間の自由が効かないことがある。

ZEHにして、良かったと感じるのは気兼ねなく電気やガスを使えるようになった事です。

アパート暮らしの時は節約に励み、暑さ寒さも我慢していましたが、今は我慢する事なく、冷暖房を使い快適に暮らすことができています。

のも
のも

特に今年は暑いから、家にいる時は冷房をずっと入れているけど、電気代が安く済むから嬉しいです!

バンビ<br><br>
バンビ

暑いの苦手だから、冷房つけないなんて辛いもんね。

最後まで記事をお読み頂き、ありがとうございます。お役に立てれば嬉しいです。

ABOUT ME
NOMO
はじめまして。blogの管理人のNOMOです。 埼玉県出身、夫婦2人暮らし、フルタイムで病院に勤務しています。