Webデザイン

【Webデザインを勉強するなら知っておきたい】デザインの4原則

デザイン勉強中

Photoshopやillustratorの操作を覚えたけど、デザインって何から始めたら良いかな?

駆け出しWebデザイナー

デザインには基本の原則があって、それを守ると綺麗で統一感のある作品に仕上がりますよ!

これからデザインの勉強を始める方が知っておきたいデザインの4原則について解説します。

デザインとは何か?

デザインとは…「情報に優先順をつけて伝達する」こと。

つまり、Webデザイナーが意識するべきなのは、ユーザーが一目で情報を理解できるように要素に装飾をすることです。

そこで、以下の原則に従ってデザインを行います。

「近接」…関連するものを近づける

「整列」…要素に一体性を持たせる

「強弱」…情報の優先度を明確にする

「反復」…特徴的な要素を繰り返し使う

近接

人は情報を見たときに距離が近いものを関連性が深いと認識します。位置関係を整理し、見やすいレイアウトを作ることができます。

整列

要素がバラバラに羅列されていると人は情報が多いように感じてしまい、読みにくいレイアウトとなります。

ポイントは見えない線で要素を繋ぎ、一体性を持たせることですっきりした印象になります。

強弱

要素の強弱をつけることで、全体にメリハリをつけ人が理解するスピードを速くすることができます。

反復

特徴的な要素を繰り返し用いることによって、そこに一貫性や統一感が生まれます。

まとめ

Webデザイナーなら知っておきたいデザインの4原則についてまとめました。情報をわかりやすくユーザーに伝えるために常に意識しておきたいポイントですね。

最後まで記事をお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
NOMO
はじめまして。blogの管理人のNOMOです。 埼玉県出身、夫婦2人暮らし、フルタイムで病院に勤務しています。