家計管理・運用

【節約】夫婦2人の食費を3万円に設定している理由【食事は自己投資でもある】

・食費を節約したい方、食費の節約を実践中の方に読んで頂きたい記事です。

のも
のも

食費の理想は収入の15%だそうです。20万であれば3万円になりますね。

食費の平均額は?

夫婦2人の食費の平均は3.9万円だそうです。(新生活準備調査2015(リクルート ブライダル総研 調べ)

平均額に比べると9000円節約できているということになります。

食費の予算を3万円に設定している理由

節約を意識した時に、食費は削りやすい項目です。

食事というのは毎日必ず行う行為であり、食費を抑えることが出来れば家計へのプラスは大きくなります。

しかし、食事の目的はお腹を満たすことだけはなく「体に必要な栄養を摂る」ということにあると思います。

食費の節約と栄養を十分に摂るという2点を考慮した際に、我が家では「食費の予算は3万円」となりました。

積極的に購入するもの

買い物は週1回にまとめて行くことにしています。

旬の野菜、フルーツ

旬の野菜には栄養が豊富に含まれています。また値段も安くなっている為、節約になります。

葉物類、きのこ類、根菜類など大体10種類程度、お店に行って旬の野菜を確認しながら購入するようにしています。

食事のメニューはシンプルでサラダ・メイン・ご飯・汁物が中心です。どの野菜でもサラダや汁物に使えるので悩まずに済みます。

お肉、魚類、卵

お手頃な鶏肉をたくさん買いたいところですが、肉や魚の種類、部位によっても含まれている栄養が異なる為、なるべく偏りがないように牛肉やお刺身も購入します。

その他

その他、乳製品や発酵食品、ナッツなど健康維持に必要だと考えている食材は購入します。

購入しなくなったもの

加工品全般は購入しないように気をつけています。

お菓子類、ジュース類など

ついつい買いたくなってしまいますが、値段の割に栄養がないのでお菓子コーナーには立ち寄らないように気をつけています。

◯◯の素など簡単に料理が手軽になる商品

購入するとメニューが決まってしまい、買う野菜や肉を選ぶ必要があります。追加で購入するものが増えたり、素自体が割高なので避けるようにしています。す

普段使わない調味料

珍しいスパイスやハーブなどを集めていた時期があったのですが、使ったのは最初だけでほとんど賞味期限を切らせてしまいました。反省を生かして買わないようにしています。

食事は自己投資だと考えている

食事は健康的な身体を作る上で重要です。

私は病院に勤務しており、生活習慣の乱れが原因で若くして病気を患う方をたくさん見てきました。皆さんが後悔されているのは「仕事を頑張りすぎたこと」「食事などの生活習慣に関心を持たなかったこと」です。

そのような環境である為、食事=健康=人生の質と考えるようになりました。

食費の予算を「2万円」すると、私が摂取したい量(1日あたり大皿にいっぱい)の野菜や肉、魚を購入することが出来ません。

一時期は魚や牛肉を控える、野菜も高価な葉物を避けて大根、人参、もやしなど安価なものするなどして食費を2万円に抑えていましたが、長年継続するのは難しいと思うようになりました。

食費を3万円に設定したところ、上記の「積極的に購入したいもの」をストレスなく購入できるようになりました。

まとめ

我が家の食費の予算が3万円である理由についてご紹介しました。

食費を節約する上で気をつけていること

・栄養は十分に摂取する。

・旬なものを意識して購入する。

・余計なもの(お菓子などの加工品)を減らす。

のも
のも

節約しながら健康的な身体を作ることが出来ます!

最後まで記事をお読み頂き、ありがとうございます。参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
NOMO
はじめまして。blogの管理人のNOMOです。 埼玉県出身、夫婦2人暮らし、フルタイムで病院に勤務しています。